「エドワード! 『真実の愛のキス』だ」
 それは初めてであった晩にジゼルから聞いた言葉だった。
「ジゼルが言ってたんだ。そのキスが世界で一番強い魔法だってね」
(真実の愛のキス より)


魔法にかけられて (竹書房文庫)
パイレーツ・オブ・カリビアンのあたりから、ディズニーの実写映画を劇場でよく見るようになりました。
これも、公開当時に劇場で字幕版を鑑賞。

異世界ファンタジーでも、これは「あっちからこっちに来た」系。アニメと実写がひとつのストーリーの中に混在する異色作です。こうした手法は、両方の技術を持ったディズニーじゃないとなかなか難しいですね。
冒頭はアニメです。ディズニーのおとぎ世界の住人ジゼルが、エドワード王子と運命の出会いをし、とんとんと結婚まで話がすすむものの、権力に固執する女王ナリッサの妨害で、異世界にとばされてしまいます。
二つの世界をつなぐのはマンホール。突然放り出されたニューヨークで、三次元の姿となったジゼルは、弁護士のロバートとその娘モーガンに出会い・・・

色々楽しめるところがある中で、私が印象深かったのは、実写世界とアニメ世界が時折交錯するシーン。鍋の表面を鏡代わりに通信するナリッサ(アニメ)と手下ナサニエル(実写)のやりとりは、二つの世界を物語の中で違和感なく共存させていたと思います。
一昔前のおとぎ話のセオリーの象徴が、「真実の愛のキス」なわけですが、これは「アナと雪の女王」でも出てきたテーマのひとつでした。運命という言葉で思考停止しない新しいスタイルのヒロイン像に、共感できる人も多いと思います。


魔法にかけられて [Blu-ray]
siinaipqi