現代日本において、ほんのわずかにしか残らない野鍛冶の技を持つ男エイジ。
気がつけば記憶もなく、見知らぬ場所に立っていた。
そこは鉄器ではなく、青銅器が使われている世界。暮らしは貧しく、技術は未熟な異世界だった。 
《amazon商品説明より》


青雲を駆ける
初記事:2015-01-28T21:00
レビューご無沙汰してました。
サークルのブログには載せてたんですが、こっちの更新が止まるのも寂しいので移設してきました。
これからの新記事は併行掲載で行こうかと思います。
併行記事の場合は作品画像の右下にリンク先と掲載日時がつきます。
冒頭はアマゾン紹介文の引用になります。


これ、amazonでなにかの拍子にお勧めであがってきて、
表紙とタイトルがどうにも気になって、ほとんど衝動的に書店で買ってきました。

大当たりでした。

カバーを開けたとたん、不安になるコピーが大きく書いてあるのが難ですが(詳しくは書店で!)、内容はとても硬派です。
ライトノベルで、異世界トリップで、主人公にしかない技能で活躍・・・となると、どうもご都合主義ばかりが目立つ作品が多いものですが、これはリアリティがあってすんなりひきこまれます。
少し前まで「小説家になろう」発というと、どうもあまり一般にはいい印象がなかったものですが、こういうものを好む層がやっぱり一定数いるんだ! ととても嬉しくなりました。

野鍛冶に関して専門的な知識が扱われて、知的好奇心も満足。
巷では艦これに続く擬人化ゲームにあわせて刀剣が話題のようですが、日本の鍛冶に関して知識を得る糸口としてもこの作品は楽しめそうです。


siinaipqi