ブログネタ
シルバーウィーク何して過ごそう?! に参加中!
こんにちは。
心が動かないものには指一本動かしませんが、興味があるところには時間と財布が許せばどこにでも行く河東です(←長い
今日は、かねてから行きたい行きたいと思っていた「磁場逆転の地」を訪問しました。
そもそも「磁場逆転」とはなんなのか。

「磁場逆転」「市原」で検索すると、小湊鐵道のHPがヒットしました。

ニュースページ冒頭の引用です。


当社沿線の月崎駅より近くの市原市田淵に学術的に世界に2箇所しかないうちの1箇所といわれるパワースポット(地球磁場逆転地層)の存在が明らかになりました。
地球46億年の歴史の中で地球磁場のN極とS極が逆転していた時期がまれにあり、その痕跡が市原市田淵の養老川沿い崖面に見られます。


市原のパワースポット(地球磁場逆転地層)のご案内

ほう・・・! なんだかすごそう!

そして次にヒットしたのは、千葉県環境センターのニュース(PDF)


地球は約46億年前に誕生したと考えられています。人間は地球内にある資源開発や薬石の採取といった目的から大地の自然の法則性を見出す地質科学を生みだしてきました。近年、人間活動の地球環境に及ぼす影響が大きくなり、将来の地球環境の予測や、その持続的利用といったことが重要となってきました。それには、地球の歴史を紐解き、過去の地球環境の変遷(地質環境)を明らかにすることが重要です。
UNESCO(ユネスコ)の機関であるIUGS(国際地質科学連合)では、その基礎となる時間の尺度の標準化のため、それぞれの地質時代の境界を地球上で最も観察・研究しやすい
箇所を国際模式地と指定しています。なんと房総半島にはその候補地があるのです。このような陸上で観察できる候補地は日本では初めてで、その場所は養老川上流の市原市田淵付近の露頭(崖となって地層を観察できるところ)です。

・・・なるほど! よく判らないけどすごそう!(←結局判ってない


ということで、話を聞いてからいつか行ってやろうと思っていたのですが、九月前半は悪天候が続き、川の中を通らなければたどり着けない場所のため決行は断念。
好天が続き、お休みも重なった本日、やっと、訪問しました。
途中、牛久のミヤマ(しまむらを更に庶民的にしたような洋品店)で安い長靴もゲットして準備万端。

場所に関しては、前述の小湊鐵道HPニュースがとても親切丁寧に説明記事を上げてくださってます。
養老渓谷のただ中、月崎駅から更に奥の田淵というところに、車を置けるのです。
タブレットのGoogle先生のお導きで難なくたどり着きました。

P_20150922_103318_HDR









地元の公民館のようです。画面に映ってない左手に、奥へ続く小道があります。

P_20150922_103339_HDR

親切!
掲示板の案内図は英語表記です!

この先はしばらく、地元の方の生活道路です。
徒歩4キロと書かれていたので、私は長靴を背負っていったのですが、さほど距離は感じないので車から長靴でもいいかもしれません。


途中の画像がぶれてしまって紹介できないのですが、途中から割と急勾配の下りになります。
途中のカーブに、なぜか狸の置物が・・・
びっくりしたんですが、これ、後でとても大事だったと気付くのです・・・写真撮っておけばよかった。

下りなので調子よく歩いていくと、突き当たりに舗装の切れた広場に突き当たります。
長靴持参の方はこの広場で履き替えると良さそうです。

P_20150922_103945_HDR

ちゃんと看板があるので怖くない。

で、川に降りる大きな段差に、丸太でできた橋のようなものがあったのですが・・・
先の大雨の影響でか、地面が崩れて崩壊してました。
横に、丸太を渡して行き来できるようにしてあったので、そこから川に降りました。

P_20150922_104424_HDR

川!

養老渓谷は車で素通りするばかりで、川まで降りたのは数えるほどしかありません。
今回は水量が少ないので、ひょっとしたらスニーカーでも平気だったかも知れませんが、
長靴の方が断然! 楽しそうです。
水の中じゃぶじゃぶ。
あ、地盤の関係で水底はなめらかな岩場になってるので滑りやすいです。

さぁ、ここからが本番・・・!

と思ったら、さっくりありました。

P_20150922_104700_HDR

20Mってたいした距離じゃなかったですね・・・
探検隊気分だったので拍子抜け。

左側の作のようなものが階段の手すりになってます。
一番奥のが問題の磁場逆転地層。
登って至近距離で撮影・・・したはずだったんですが、

P_20150922_104711_HDR

P_20150922_104823_HDR

こんなんなってました・・・
さすがパワースポット!(違う

こんなところで、学術的な発見をしてしまう皆さんには脱帽です。
何がきっかけで発見されたのか・・・


椅子とか持参できれば、水の上でしばらくぼけっとしてるのもいいかもしれません。
水際の水深は深くても10センチ程度でした。
名残を惜しみつつ撤退。

帰りは、当然登りなワケです。
普段運動しないものだから死にそうになって足を進めると、坂の上で訪問者を待つ狸の姿が・・・!
このための存在だったのかと(たぶん違う)、狸を目標にえっちらおっちら。


長靴もそうですが、虫除けスプレー必須です!
使ってたにも関わらず刺された自分・・・

近くには高滝ダムがあって、水場で遊べるスポットもたくさんあります。
養老渓谷には滝を見られるスポットもあるので、紅葉シーズンにお勧めしたいところ。
月崎は近くに市民の森もあります。

次ぎに狙ってるのは・・・洞窟風呂なんですけどね。
男女の時間が日によって違うそうなのでどう段取りをつければいいのか。

P_20150922_110225_HDR

通り道には白い彼岸花がちらほら咲いてました。
実質30分程度の滞在時間でしたが、いい気分転換になりました。

ねこみみ