賭け事の勝敗で全てが決まる世界で、『運に見放されし者』ウィルは己の知恵と策謀だけを頼りに『賭博師』の頂点を目指していた。
その目的は世界を管理する唯一魔女フォルトナに謁見し、復讐を果たすこと。
だが、魔女のお膝元・賭博都市ラズウェルに着いて早々運の無さを発揮した彼は、賭博師の少女・リゼットとのトラブルに巻き込まれる。
《amazon商品説明より》



ギャンブル・ウィッチ・キングダム/菱川さかく
そういや最近資料本ばっかりで、ラノベらしいものを読んでなかったなと思って買ってみました。
第8回GA文庫大賞優秀賞受賞作、だそうです。

ギャンブルをテーマにしたお話ですが、徹底的に運がない主人公が、運に頼らず切り抜ける、知恵と度胸必須の展開が面白いですね。
運がない故に起こるイベントも、説明できない幸運を発揮してストーリー展開させる従来型とは一線を画した説得力があります。
ラノベではヒロインが重要と言われますが、ともすればイラストに頼りがちなヒロインのイメージを、「前髪ぱっつん」「変な前髪」という強烈な字面で印象づけた点は脱帽でした。


ちりばめられた伏線でヒロインの正体がなんとなく察せられるので、ぜひ続編でその予測を見事に覆して欲しいところ。
個人的にスタッドは、イケメンのお兄ちゃんではなく飄々としたおっさんであってほしかったです。ビジュアル的に。



ねこみみ