すっかりほったらかしになってました。
ここもちゃんと使わなければと思いつつも、最近資料以外の本を読む時間があまりとれず。

で、小説家になろう でこつこつ連載している

ラグランジュ ―漆黒の傭兵と古代の太陽―

本日でちょうど三周年となりました。



本編の長さ、登場人物の年齢層が若干高めだったため、公募に応募するにも行き先が限られた作品だったのですが、
第一章に当たる <漆黒の傭兵と古代の太陽>編は、富士見ファンタジアの第一回ラノベ文芸等、きちんと目を通してもらえるところではなかなか健闘しています。

いくら健闘しても、受賞しなければああいうのは意味がないですけどね。


こんなに面白いのに、誰の目にも触れないのは社会的損失だろうと半ば本気で思ったのと、
面白ければどんな場所にあってもきっと多くの人の目に止まるだろう、
そして継続することがまずなにかをなしえるための一歩だろうと、

後半は当時そんなことを考えたのか実に怪しいのですが、とにかく三年は継続しようと思って、小説家になろうさんに掲載を始めました。

なろう主流のテンプレから大きく外れたハイファンタジーなのも重々承知でしたし、
あちこちにコメントを残して交流を広めるような社交性もありませんが、
時々どこかで紹介していただいているようで、地道に閲覧数もブックマークも伸びています。



作品の性質上コメントがつけづらいのか。
それとも私自身が怖がられているのかもよくわからないのですが、表だった感想を頂くことは少ないです。
更新のたびにのぞきに来てくださる方が多いのは実感しているので、それも励みになっています。



そして三年経った今。

一番大事にしている「ラグランジュ」ではあまり動きがないですが。

いろいろ総合したら、少しづつ進んでいるのかな、という感じです。
近々、電子書籍で新刊も出る予定ですし、まだまだやりたいことはたくさんあります。

四年目の目標は、そうですね。
文章で頂くお金で少しづつ、世を忍ぶ仮の姿のお仕事を減らせればいいかな、って感じです。
文章で食べられるようになれば一番いいんですが、それはこつこつと。ですかねぇ。


ということで、新章に入ってこれからも絶対面白いラグランジュ、今まで以上に可愛がっていただけると、
中の人もモチベアップして、更に執筆速度が進むのではないかと思われます。
今年もあと少しではありますが、来年も再来年も、よろしくお願いいたします。


DKz5i2tVwAA6Jz8