彼女の名前は神無月ユカリ。
(中略)
この、どう見ても非の打ち所のない彼女が、幸せを感じる唯一の瞬間とは、鼻から細長いものをすすっているときである――。
(鼻からイカソーメンをすする女 より)

続きを読む