「剣なんかいらない、素手で十分だ!」
 地に転がった剣には目もくれず、リュートは右の拳を引きながらサロッドに向かって疾走した。

《第一話「武闘大会」より》



アンブロシア骨董店/河東ちか

続きを読む