「……何かのアクシデントに遭遇した時に、『まさかこんなことがあるなんて』とうろたえるんじゃなくて、『こういうこともあろうかと』とニヤリと笑えるようになるのが、この部活の目的さ」(第一章 生存活動研究部 より)

続きを読む